Total Conditioningという考え方

2020/07/31 NEWS

こんにちは、フィットネス担当の西尾です!

 

 

 

 

私は健康に関して「Total Conditioning」という考え方で、一人ひとりの健康をサポートしております。

 

私のお仕事内容について『note』にまとめています。一番下のリンクからご参照ください。

 

 

『トータルコンディショニング??』

 

 

そもそもコンディショニングとは、コンディションを良くするための行動などです。

 

生活習慣もコンディショニング、食べることもコンディショニング、運動することもコンディショニング、何を身に付けるか(衣類)もコンディショニングの一部です。

 

 

ヒトは環境に適応する動物です。どういった環境に身を置くかで、身体は変わるのです。身体が変われば、思考も変わります。

 

『健全なる魂は健全なる肉体に宿る』という考え方です。

 

 

一人ひとり、生活リズムや食習慣、着るものなどは違ってきます。さらに、体質も違います。

 

しかし、もっと根本的に見ていくと、どんな人でも「これは必要だよね」ということが見えてきます。

 

 

誰もが当てはまること

・細胞でできているということ

・骨格を整える必要があるということ

 

ヒトのみならず、動植物は細胞でできています。細胞一つひとつが正常に機能していることが、コンディショニングの基本になります。

 

そのような観点で見ると、食べ物や生活習慣をどうすればいいのか?が見えてきます。

 

 

そしてもう一つ。

 

ヒトは動物なので、運動することで、いろんな機能のスイッチが入り、各器官が歯車のように連動して稼働します。

 

このときに、アライメント(配列、位置)がずれていると、歯車がうまく回らず、「あれ?」という状態になります。

 

骨の位置、筋肉の位置(走行)、内臓の位置、、、正常に機能する”位置”というのがあります。

 

 

細かいことを言うと、もっとございますが、シンプルに考えると、この二つで十分です。

 

・細胞レベルで整える。

・骨格を整える。

 

細胞レベルは栄養面から、骨格レベルは身に付けるものから。

 

ヒトは良くも悪くも、その”環境”に適応します。私はどちらからもアプローチできるようにメニューがございます。

 

まずはご相談くださいませ。